-- 】サラリーマン起業−90%の追求【 --

スポンサード リンク


ネットビジネスで役立つツール集

オススメ無料レポート

<<前へ home 次へ>>


90%の追求
日本人と米人の違いとして、日本人が100%を求めるのに対し、米人は100%は求めないという違いがあります。

最後の残り何%を詰める時、その時、初めて膨大なエネルギーを必要とします。
最初の90%と残りの10%を比較した場合、残りの10%を埋めることの方が、大変でしょうね。

例えば、メルマガ部数。
発行部数10,000部というと、上位3%です。
1,000部で、上位10%。
1,000部位までなら、なんとか来れますが、それ以上を目指すに連れ、凄いボリュームの時間、もしくはお金をかける必要が出てきます。


日本の製品が優秀なのは、残り10%を詰める為に、もの凄く膨大なエネルギーを注ぎ込むからです。
米国企業の場合、100%は目指しません。
日本企業が100%を目指している間に、90%が達成できた時点で、どんどん次の新しいことに挑戦するか、余裕の時間を、自分の余暇の時間に回していきます。


それが、私、よしさんのスタンスでもあります。
ある意味、中途半端なのですが、中途半端な分、本業、オークション、アフィリエイト、メルマガ、ブログ、空手、マラソン、サッカーコーチ、家庭菜園、子育てと、いくつも手を出すことができる訳です。


中途半端というのは、途中で投げ出すということではありませんよ。
90%の完成度で、維持をしつづけるということです。

日本人というのは、気が付かずして、100%を目指す民族です。
90%の完成度で線の引き方がよく判らないのです。
だから、100%到達しないと諦めて投げ出してしまう。


メルマガなら、田渕さんは100%、よしさんは90%
アフィリエイトなら、国川さんは100%、よしさんは90%
ブログなら、なつきさんは100%、よしさんは90%
イーベイなら、トップセーラーは100%、よしさんは90%
空手なら、道場の先生は100%、よしさんは90%

というような感覚って、イメージできますでしょうか?
私は、どれも100%は目指していないんです。


無料でドンドン増え続ける
効果の高い読者増加サービス「まぐぞう」
田渕 隆茂さんの最新Eブック
30日で2379万稼ぐ!情報起業最終兵器


Google
Click Here!

☆サイト管理人(Yoshi・よしさん)

1963年10月3日生まれ


















メールはこちら 

プロフィール

☆メルマガの登録

本業片手間に毎月50万円稼ぐ為の効率的成功法 (マガジンID:0000149535)
メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

バックナンバー



※本コンテンツの著作権はサイト管理人に属します。【無断転載禁止】
本コンテンツに記載された内容については、利用される方ご自身の責任において参考にして下さるようお願いいたします。
Copyright(C)2005-2006 本業片手間倶楽部 All rights reserved.